• iat
  • iat
  • iat
  • iat
  • iat
  • iat
  • tew
  • tew
  • tew
  • tew
  • tew
  • tew




     

■ 上映情報


2018.6.29より
ヒューマントラスト シネマ渋谷
特別鑑賞券 ¥1500(税込)
劇場窓口,メイジャーネット通販にて発売中

2018.7.21-7.27
センチュリーシネマ(名古屋)

2018.7.28-8.10
横浜シネマリン

順次公開
シネマート心斎橋

詳細は各劇場劇場までお問い合わせ下さい。

6月29日(金)より全国順次ロードショー

I AM THALENTE
アイ・アム・タレント

ホームレスの少年タレント・ビエラが、南アフリカのストリートからカリフォルニアまでスケートボードと向き合いながら可能性に向かってチャレンジするドキュメンタリー。

タレント・ビエラは18歳の誕生日を目前に、“大人になったら”何になりたいか決断の時を迎えていた。9歳で家を飛び出しホームレスとなり、南アフリカのスケートパークで暮らしてきた。読み書きもできない彼には明るい未来を描くことは難しかった。
8歳の時、初めて手にしたスケートボードが、彼に混乱した家庭からの逃げ場と自分自身を表現する手段を与えてくれた。そして仲間に出会う道を示し、彼らとファミリーを作らせてくれた。それ以降、スケートボードは彼の人生の原動力となり、ダーバンの路上で暮らす彼の尊厳を守ってくれた。
彼のスケートボーディングをビデオで見たプロスケーターのケニー・アンダーソンが、彼に援助を申し出た。ただし、自分でアメリカに来ることができるならという条件だ。映画では、ストリートからアメリカのプロスケートボーディング界への彼の旅を追いかけた。
タレントは、自分を取り巻く環境から抜け出し、自分の将来を築くために、全身全霊を傾けた。それは自分の未来を勝ち取るための戦いだった。


■ 監督・プロデューサー Natalie Johns
■ プロデューサー Oualid Mouaness、Colin Kennedy
■ エグゼクティブプロデューサー Sal Masekela 、Jason Bergh、Julia Lebedev
■ 編集 Nayim Saati、Brett Bert Shaw
■ 出演 タレント・ビエラ、トニー・ホーク、ケニー・アンダーソン 、ナタリー・ジョンズ、 タミー・リー・スミス、シルサ・シェキム、コリン・ケネディ、シズウェ、ガイ・マリアーノ、マーク・ジョンソン、ジャスティン・エルドリッジ、フェリペ・グスタヴォ、トム・アスタ、ランス・マウンテン
■ 協賛・協力 ELEMENT 

2016年/アメリカ映画/DCPビスタサイズ/88分/
配給・宣伝 レイドバック コーポレーション www.laidback.co.jp
© 2016, Made To Stray Film, llc All Rights Reserved.







     

■ 上映情報


2018.7.14より
ヒューマントラスト シネマ渋谷
特別鑑賞券 ¥1500(税込)
劇場窓口,メイジャーネット通販にて発売中

2018.7.21-7.27
センチュリーシネマ(名古屋)

2018.8.11-8.24
横浜シネマリン

順次公開
シネマート心斎橋

詳細は各劇場劇場までお問い合わせ下さい。

7月14日(土)より全国順次ロードショー

TAKE EVERY WAVE
テイク・エブリィ・ウェーブ

ビッグウェーブ・サーフィンを変えたアメリカのアスリート界のレジェンド、レイアード・ハミルトンの驚くべき半生を追ったドキュメンタリー。自分のやりたいことに全力で挑むアスリートが抱える恐怖や勇気、野望とそれに伴う犠牲に迫ったサーフィン・フィルムというジャンルを越えた作品である。

“手に汗を握る、ハラハラ、ドキドキの連続”——ハリウッド・レポーター
“レジェンドになった男の人生に迫ったドキュメンタリー”——インディ ワイア

「テイク・エブリィ・ウェーブ」はビッグウェーブ・サーファー、レイアード・ハミルトンの驚くべき半生と伝説的なキャリアを追った映画だ。大衆には愛されたがサーフィン業界からは無視されてきたレイアード。スポーツ界でもユニークな存在と言えるだろう。プロサーファーとしてコンテストで競う道を捨て、ビッグウェーブ・サーフィンの世界に君臨したウォーターマンだ。
サーフィンシーズンの冬のハワイ、カウアイ島を舞台に彼の半生が語られる。その冬はエルニーニョが過去最大とも言われる大波を運んできていた。未公開の過去のアーカイブ映像と、南カリフォルニア、バミューダ、カウアイ等で撮られた現在の映像が織りなすスーパースターの過去と現在の真の姿とは?レイアードとのインタビューに加えて家族や友人、彼をよく知る協力者や批判者たちとの会話から真のレイアードが浮かび上がる。
レイアードの映画スター並みのルックスや現在のマリブでのセレブな生活は、彼の戦いや失敗、そして勝利についての物語を覆い隠しているかもしれない。レイアードは人種的に分断された島で、理想的とは言えない家庭で育った荒れた少年だった。幼い頃から海が好きで、特にノースショアでも危険なことで知られるパイプラインが一番のお気に入りだったという。生まれつきの驚異的な身体能力と飽くなき衝動によって、レイアードは30年以上もサーフィン界の玉座に座り続けた。その間、ウィンドサーフィンのスピード記録の更新、トウイン・サーフィンの開発、パドリングでの英仏海峡横断に加えて、マウイのペアヒやタヒチのミレニアム・ウェーブを含む“アンライダブル”と思われていた波を制覇した。
自由奔放だった子供時代からサーフィンが産業として発展し商業化した時代を通して、レイアードはウォーターマンとしての生き方にこだわり、ビッグウェーブ・サーフィンの可能性を再定義し続けてきた。52歳になった現在、長年酷使してきた身体でレイアードは新たなフロンティアに挑んでいる。彼が今、情熱を注ぐのはフォイル・ボーディング。嵐の中で一輪車に乗るようなスポーツで、マスターしたアスリートは、世界でも数えるほどしかいない。
テイク・エブリィ・ウェーブは、巨大な波に乗ることに人生を捧げたアスリートの本当の姿に迫った物語である。


■ 監督 ロリー・ケネディ
■ プロデューサー ロリー・ケネディ、ポール・スピーカー、マーク・ベイリー、ジャック・ヤンゲルソン
■ 脚本 マーク・ベイリー、ジャック・ヤンゲルソン
■ 出演 レイアード・ハミルトン、ビル・ハミルトン、ガブリエル・リース、バジー・カーボックス、サム・ジョージ、デイヴ・カラマ、ブレット・リックル、ジェリー・ロペス、ピーター・カブリナ

2017年/アメリカ映画/DCPビスタサイズ/118分/
配給・宣伝 レイドバック コーポレーション www.laidback.co.jp
© 2017 TAKE EVERY WAVE LLC