待望のイベント開催!厳選したサーフィン映画を一挙上映!
ベスト・オブ・サーフ・フィルム 2020



  • fish
  • fish
  • fish
  • fish
  • tew
  • tew
  • tew
  • tew
  • trouble
  • trouble
  • trouble
  • trouble

『BEST OF SURF FILMS 2020』は、これまでにレイドバック・コーポレーションが配給したサーフィン映画の中から厳選した作品を上映します。
ブルース・ブラウン監督「エンドレス サマー」の息子デイナ・ブラウンの作品「ハイ ウォーター」や、ダステイン・ハンフリー監督の「サウス・トゥ・シアン」、ジヨセフ・ライアン監督の「フィッシュ」etc

※ 会場により上映作品が変更になる場合があります。


9月27日(日)より1週間 CINEMAAMIGO(逗子)にて開催!





+ART



サイラス・サットンやデイヴ・ホムシー、ファビアン・カイエール、トーマス・キャンベルらサーフ系アーティストの作品や、サーフボードを会 場に展示します。
※ 会場によって開催の有無や展示内容に変更があります。




■ 会場での新型コロナウィルス感染予防対策




・来場者同士が十分な距離を保てるよう会場内のスペースに配慮いたします。

・スタッフはマスクを着用し、来場者へもマスク着用をお願いします。

・来場者に入り口で手の除菌をお願いします。





■ アーティスト紹介


DAVE HOMCY デイヴ・ホムシー

FABIEN CAYERE ファビアン・カイエール

THOMAS CAMPBELL トーマス・キャンベル

CYRUS SUTTON サイラス・サットン










HIGH WATER
ハイウォーター

「ステップ・イントゥ・リキッド」のデイナ・ブラウン監督と、「エンドレス サマー2」の製作陣が贈る、サーフィンの聖地ハワイ・ノースショアの物語。ノースショアで毎冬開催される最高峰のコンテスト“トリプルクラウン”。世界のトップサーファノー達が名誉をかけて熱き戦いを繰り広げる。「ステップ・イントゥ・リキッド」のデイナ・ブラウン監督が、このトリプルクラウンを軸に、ノースショアにスポットを当て、ローカル達の人間模様や 様々なエピソードをふんだんに盛り込んだヒューマニティ溢れる映画を制作した。壮絶なデッドヒートや命をも奪いかねないビッグウェーブとの戦い、そしてその対極にある深くあたたか い人間の姿が、トップサーファーやレジェンド、ローカル達から語られていく。


2009年/アメリカ映画/95分/デイナ・ブラウン監督

  











FISH
フィッシュ

サーフボードの謎を解く...フィッシュはどのように生まれたのか、フィッシュがサーフボードデザインに与えた衝撃とは?そしてサーフィンカルチャーに与えた影響とは? フィルムメーカーのジョセフ・ライアンは、5年の歳月と全財産をつぎこんで、フィッシュ誕生の秘密を解き明かそうとした。このフィルムは、フィッシュデザインの誕生と、そのインパクトが30年後のサーフィンカルチャーにどんな影響を与えたのかを捉えている。開発にかかわったシェイパーやパイオニアたちへのインタビューを通して、監督のジョセフ・ライアンはフィッシュがどのようにサーフィンを変えたのかを描いた。


2016年/アメリカ映画/81分/ジョセフ・ライアン監督

  











SOUTH TO SIAN
サウス・トゥ・シアン

DeusSurfのカメラマンでフィルムメーカーのダスティン・ハンフリーが、サーフィンとバイクをこよなく愛するハリソン・ローチとZ・ノリスに無鉄砲なビッグ・プロジェクトを持ちかけた。人生を変えるかもしれない長い冒険の旅だ。「サウス・トゥ・シアン」は、サーフィン映画でも、バイク映画でもなく、トラベル・ドキュメンタリーでもない。それらすべてを合わせた以上のものだ。ハリソン・ローチが担当した脚本とナレーションは、哲学的考察や意味深い会話に溢れ、我々観る者の洞察力を試している。旅についてでも場所やその地での冒険についてでもなく、人間の心理や我々が自らを閉じ込めている檻、そして人生の本当の可能性について問いかけているのだ。


2016年/豪映画/52分/ダスティン・ハンフリー監督

  











TAKE EVERY WAVE
テイク・エブリィ・ウェーブ

ビッグウェーブ・サーファー、レイアード・ハミルトンの驚くべき半生と伝説的なキャリアを追った映画。大衆には愛されたがサーフィン業界からは無視されてきたレイアード。スポーツ界でもユニークな存在と言えるだろう。プロサーファーとしてコンテストで競う道を捨て、ビッグウェーブ・サーフィンの世界に君臨したウォーターマンだ。サーフィンシーズンの冬のハワイ、カウアイ島を舞台に彼の半生が語られる。未公開の過去のア サーカイブ映像と、南カリフォルニア、バミューダ、カウアイ等で撮られた現在の映像が織りなすスーパースターの過去と現在の真の姿とは?テイク・エブリィ・ウェーブは、巨大な波に乗ることに人生を捧げたアスリートの本当の姿に迫った物語である。


2017年/アメリカ映画/118分/ロリー・ケネディ監督

  











TROUBLE
トラブル

サーフィン界を超越したスターサーファーの一人、リサ・アンダーソンの物語。4年連続世界チャンピオンを獲得、「サーファー」誌で初めて表紙を飾った女性サーファー、そしてROXYの顔。「アウトサイド」誌は彼女を「有名サーファーとしての地位を手に入れた最初の女性」と評した。13歳でサーフィンと出会い、その世界にのめり込んでいったリサだが、それを快く思わなかった父31親にサーフボードを破壊され、「サーフィンで世界チャンピオンになるためにカリフォルニアに行く」と書いたメモを残して家を出た。カリフォルニアでのリサは、猛烈な勢いで戦い、プロサーファーとして活躍を見せたが、一方で私生活ではトラブルが絶えなかった。そして絶頂期に予想外の妊娠が発覚する。そんなリサの激動の半生を綴ったドキュメンタリー。自分の手で人生を切 り開いた一人の女性の苦難、虐待、痛み、そして喜びが、美しいサーフィン映像と共に描かれる。


2018年/アメリカ映画/50分/チャス・スミス監督

  











THE WAVE I RIDE
ザ・ウェーブ・アイ・ライド

ペイジ・アームズはビッグウェーブに挑戦することに全てを捧げるエリートサーファーの一人だ。ペイジが育ったのは、ビッグウェーブ・サーファーの実験場として知られるマウイ島のピアヒのすぐ近く。ジョーズとも呼ばれるこのポイントには、サメのような恐ろしい波がラインナップに押し寄せ、力試しをしたくてたまらないサーファーたちをそそのかす。ここは男性専用の場所と見なされてきた。しかしペイジはそんなビッグウェーブ・サーフィンの限界をものともせず、自然が 作り出した究極のパワーに立ち向かってきた。世界で最も美しく、巨大で、困難な波を征服するという夢を追い続けるためだ。これは単なるサーフ・フィルムではない。海が1人の女性の魂に何を与えたのか、そして彼女は海に何を返したのかという物語である。


2016年/アメリカ映画/70分/デヴィン・ビッソン監督

  











DAVE HOMCY
デイヴ・ホムシー/写真作品

フロリダで生まれたのちハワイに移住。
トーマス・キャンベル監督の映画「ThePresent」やドラマ「HawaiFive-O」、ジャック・ジョンソンのミュージックビデオなど、数々の映像作品の撮影を担当。 受賞歴も多数。









FABIEN CAYERE
ファビアン・カイエール/写真作品

フランスの有名なサーフ・スポット、ビアリッツ出身。 19世紀の現像方法を用いたもので、そのためにカメラも自ら製作する。
ブリキ缶の表面に感光剤を吹き付けるというシンプルなもの。
彼のテーマは海とサーフィン。フランスのサーフシーンをクラシカルな画像で表現する。日本ではGREENROOM FESTIVALで作品を発表するなど、国内外で活躍。









THOMAS CAMPBELL
トーマス・キャンベル/アート作品

アメリカ西海岸のフィルムメーカー、アーティスト、音楽レーベルのオーナーなど多岐に渡って活躍する。
映画「THESEEDLING」、「SPROUT」、「THEPRESENT」の監督。FESTIVALで作品を発表するなど、国内外で活躍。









CYRUS SUTTON
サイラス・サットン/写真作品

カリフォルニア・サンディエゴ在住のプロサーファー/フィルムメーカー。
映画「STOKED&BROKE」、「ISLANDEARTH」の監督。またサーフィン情報のWEBサイト、KorduroyTVのファウンダーでもある。








SURF BOARDS

アート作品に加え、サイラス・サットンが来日時に使用したサーフボードや、ジョン・ウェグナーによってシェイプされた映画「FISH」のタイアップモデルのボードなどを展示いたします。